英会話スクールを通して生きた英語を習得しよう

カリキュラムで選ぶ人気の教育機関

自身に合ったコースで学ぶ

英会話スクールでは日常会話に特化した内容やビジネスに特化した内容のレッスンがあるが、他にも、TOEIC対策を目的としたものや児童を対象としたものがある。また、日本で初めて英会話の講師となったのはラナルド・マクドナルドである。ラナルド・マクドナルドが行ったレッスンは、自らが英語の発音を行いそれを生徒が復唱するというスタイルであった。また、ラナルド・マクドナルドは日本人のLとRの発音について指摘を行った。これは、現代の日本人の多くも苦戦している発音である。

英会話スクールには、様々なコースや制度が設けられている。例えば、社会人専用コースやTOEIC対策専用コース等と多くのコースが設けられているものもある。これにより、ビジネスにおいて必要な英語を学ぶ事や旅行において必要な英語力を身に付ける事もできる。他にも、レッスンにおいて日本語の使用が禁止されているものもある。このスタイルの場合は、レッスン中や休み時間等も日本語ではなく英語での会話が行われる。このようなコースの他にも、様々な制度が設けられている。それは、担任制、固定制、指名制等もその1つである。指名制とは、文字通り生徒が講師を指名する事によってレッスンを行う制度である。例えば、自分と相性のよい講師がいる場合は指名する事によって効率のよいレッスンが実現できる。また、担任制とは講師がその都度変わるのではなく一定期間同じ講師によってレッスンが行われる。メリットとしては、講師は長期的に生徒を教える事ができる。それによって、生徒の弱点や可能性を把握しそれにあったレッスンを展開する事ができる。

英会話スクールには、グループレッスン、プライベートレッスン、オンラインレッスンがある。グループレッスンとは、英会話スクールにおいて最もスタンダードなレッスン方法である。内容としては、複数の生徒と一緒にレッスンを行う。メリットには、受講費用がプライベートレッスンと比べて捕獲的安い事や仲間と出会える事がある。また、他の生徒と自分を比べる事ができ自分の実力を知る事ができる。プライベートレッスンとは、生徒と講師の1対1によって行うレッスンである。メリットは、より細かく指導を受ける事ができる点を挙げることができる。他の生徒がいない為に、レッスン時間を自分1人で有意義に使う事ができる。オンラインレッスンとは、店舗型の英会話スクールではなくインターネット上でレッスンを行うものである。メリットは、店舗へ通う必要がなく時間や場所を選ばずにレッスンを行う事ができる事である。他にも、料金も比較的に安くなっている。また、このオンラインレッスンはフィリピン人の講師やネイティブ講師によって行われている。

Copyright © 2015 英会話スクールを通して生きた英語を習得しよう All Rights Reserved.